<日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯 2日目◇15日◇太平洋クラブ 江南コース(7,053ヤード・パー71)>

 2015年の国内男子メジャー初戦となる「日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯」は予選ラウンドを終了。首位と3打差のトータル7アンダー・3位タイに宮里聖志、トータル6アンダーの11位タイに宮里優作がそれぞれ浮上を果たし、兄弟での上位争いを見すえて決勝ラウンドを迎えた。

【関連】国内男子ツアー PHOTOギャラリーはこちら
 まずスパートをかけたのは弟の優作だ。スタートの1番パー5で2オンに成功してバーディを奪うと、続く2番でも5メートルを沈めて連続バーディの立ち上がり。4番はボギーとしたものの、7番、8番と再び連続バーディで返り咲いた。後半も13番、16番と2つのバーディを積み重ねて36ホールをフィニッシュ。今年初の予選通過に「いやー、やっと開幕しましたね。皆さんあけましておめでとうございます(笑)」と笑顔が弾けた。

 開幕からの2戦はショートゲームに苦しんで連続予選落ち。「ウェッジのバンスを削ったり、パターもレジェンドで家から15本くらいパターを持ち込んでいた」と調整を続けながら今大会を迎えた。今週使用しているパターはスコッティキャメロンのプロトタイプ。マレット型を使用してきたがよりフィーリングを意識してピン型にスイッチした。

 グリップも丸山茂樹が使用しているのを見て、1年前から使用しているロイヤルグリップパーフォラップパターを装着。「らせん状になっていて、(グリップの)引っ掛かりがいい。フィーリングも出しやすい」と操作性の高いヘッドとも好相性だ。

 初日5アンダーの兄・聖志はこの日は午後組でスタート。優作が「先週練習ラウンドした時に付け入るすきがないぐらい調子が良かった」と語る通り、安定したプレーを続けた。INから出ると、11番、12番、13番と3連続バーディ。その後17番のボギーでスコアを1つ落としたものの、「たぶん僕の1つ上くらいで上がるでしょうね」という優作の予言通りトータル7アンダーでホールアウトした。

 ピン型に変えた弟に対し、兄は昨日の初日からパターを大型マレットにチェンジ。オデッセイの2ボールファングに太グリップのスーパーストロークを装着した中尺の超オートマチック仕様に「感触は悪くない」とニヤリと笑った。メジャーを前に兄弟で正反対のチョイスをするところに微妙な性格の違いを感じさせるが、もちろん初のメジャータイトルを弟に譲るつもりはない。

 その2人は3日目の組み合わせで同組に組み込まれた。兄弟が同組で回るのは今回で15度目。直近では2012年の「コカ・コーラ東海クラシック」の最終ラウンド以来の顔合わせとなる。「競争相手になる兄貴がいないツアーはやっぱりさみしい。一緒に頑張りたい」とは優作。宮里兄弟がプロ日本一決定戦の主役となるか。

<ゴルフ情報ALBA.Net>