<日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯 2日目◇15日◇太平洋クラブ 江南コース(7,053ヤード・パー71)>

 男子ツアーの巨人が自身2度目の偉業にあと一歩のところまで迫った。「日本プロゴルフ選手権 日清カップヌードル杯」の2日目。68歳の尾崎将司が4バーディ・2ボギーの“69”でホールアウト。自身が2013年に「つるやオープン」第1ラウンドで“62”をマークして達成して以来のレギュラーツアーでの、年齢以下で回るエージシュートにあと1打及ばず快挙達成はならなかった。

史上初の快挙達成時に見せた最高の笑顔
 この日はINからスタートした尾崎は10番で幸先よくバーディが先行。14番でもバーディを奪うと、15番はボギーとしたものの1つスコアを伸ばしてハーフターンした。後半は4番でグリーン外からウェッジで直接放り込んでチップインバーディ。さらに6番でもバーディを奪ってエージシュート達成ペースに乗せて終盤を迎えた。

 しかし、7番で惜しくもバーディを逃して迎えた8番で痛恨のボギー。最終9番パー5でバーディを奪えばエージシュート達成だったが、4オン1パットのパーに終わり、偉業には届かず。初日の出遅れが響きトータル3オーバーで予選落ちとなった。

 ホールアウト後エージシュートを期待した報道陣に囲まれた尾崎は「なんだ?エージシュートしても予選落ちじゃカッコ悪いだろ?だからそういう気持ちでわざと(8番で)ボギーを打ったんだ。あのやさしいホールでフェアウェイから簡単にボギーにするんだから俺もタダモンじゃないだろ?バカモンだな」とおどけてコメント。

 それでも「内容が良くなってきたからこれからが楽しみだ。何とか頑張ろうと思ってやっているわけだからある程度答えが出ないとつまらない。それで体のせいにしてしまう。これからはもっと前向きに頑張るよ」と約2年ぶりの60台ラウンドに笑顔を見せてコースを後にした。

<ゴルフ情報ALBA.Net>