<ウェルズ・ファーゴ選手権 初日◇14日◇クエイルホロークラブ(7,562ヤード・パー72)>

 米国男子ツアー「ウエルズ・ファーゴ選手権」がノースカロライナ州にあるクエイルホロークラブを舞台に開幕。その初日、石川遼は1イーグル・4バーディ・5ボギーの“71”でラウンド。1アンダーの45位タイで初日を終えた。

貴重?石川遼と松山英樹が肩をがっちり組んで笑顔 写真でチェック
 前週の「ザ・プレーヤーズ選手権」で8位タイに入った石川遼だったが、その流れを活かせず。「ショットなどの感触は良かった。ただ先週の最終日の緊張感とは違った、また新しい週の初日、なかなか内容、モチベーションと集中力がかみ合ってこなかった」と前半だけで4ボギー。ノーバーディで4オーバーと苦しい出だしとなる。

 だが、「スコアは4オーバーだったけど、ハーフターンするときは気持ちが切り替わっていた」と引きずることなく後半のティグランドへ。するとその10番で「2打目は出すだけになったけど、次の3打目がちょうどSWのフルショットの距離で自信を持って打てた。ラッキーでしたね」とピンにピタリ。この日最初のバーディを奪うと、続く11番でもスコアを伸ばしていく。

 圧巻は14番パー4。ピンまで345ヤードのティショットを「ピンポジ的に右のラフか手前のバンカーでも寄せワンでバーディが獲れると思った。グリーンに乗せようと思うと狭いけど、グリーン周りまでなら、と思って伸び伸び打った」と気負わず振りぬくと、ボールはグリーンを捉え、ピン右約3.5メートルに。これをしっかりと沈めイーグル奪取。その後も2つバーディを重ねるなど、最後まで手綱を緩めなかった石川。前半が嘘のように1アンダーまでカムバックした。

 今日のラウンドを振り返って出てきた言葉は先週同様“必死”の2文字。前半の投げ出したくなるような展開でも気持ちの糸を切らさず戦ったことがバックナインに奏功した。これからの3日間も「今日みたいに常にバーディの数がボギーを上回っていけるように最後まで諦めずにやりたい」と石川。今日掴んだ良い流れを離さぬよう、明日も1打1打気持ちを込めて戦っていく。

<ゴルフ情報ALBA.Net>