米国男子ツアー「ウエルズ・ファーゴ選手権」がノースカロライナ州にあるクエイルホロークラブを舞台に開幕。先週の「ザ・プレーヤーズ選手権」で8位タイフィニッシュを見せた石川遼が、ナイスカムバックを見せた。

 OUTから出た石川は、前半だけで4ボギーを叩く苦しい展開に。だがバックナインで一気にギアチェンジ。10番から連続バーディーを奪うと、14番パー4では、1オンに成功しイーグル奪取。さらに次の15番でイーブンパーまで戻すと、18番でも約9メートルをねじ込みバーディフィニッシュ。1アンダーで初日を終えた。

 現在トップは7アンダーのロバート・ストレブ(米国)。1打差2位にパトリック・リード(米国)が続いている。松山英樹はすでにホールアウトしており、3アンダーで現在13位タイにつけている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>