国内女子ツアー「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」は韓国の女子大生プロ、チョン・インジが国内ツアー初参戦でメジャー制覇という快挙を達成。トータル12アンダーで2位に4打差をつけ圧勝した。

優勝を決めたチョン、ボミと記念撮影!
 チョンは日本に来てからドライバーのシャフトをグラファイトデザイン社の「ツアーAD GT-5S」に変更。安定感のあるドライバーショットがこの快挙を大きく手助けしてくれた。

 またボールはダンロップ社のスリクソン Z-STAR(15年モデル)を使用。「スピンコントロール性能と柔らかい打感のおかげでゲームに集中して臨むことができた」とメジャーのコンディションでも落ち着いてプレーするのに奏功したと語っている。

 この試合では全てにおいてハイレベルなプレーを見せたチョン。彼女のバッグの中身は以下の通り。

【チョン・インジのクラブセッティング(Whats in the Bag)】
1W:PING G30 LS TEC ドライバー ロフト9度 シャフト:グラファイトデザイン ツアーAD GT-5S 45.25インチ
3W&5W:PING G30 フェアウェイウッド
4UT:PING G30 ハイブリッド
アイアン:PING i25 アイアン 5〜W
ウェッジ:Edel Golf ウェッジ(50度、54度、58度)
パター:PING スコッツデールTR アンサー
ボール:ダンロップ スリクソン Z-STAR(15年モデル)

<ゴルフ情報ALBA.Net>