<ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ 最終日◇10日◇茨城ゴルフ倶楽部 東コース(6,550ヤード・パー72)>

 悲願のメジャータイトルには手が届かなかった。

上田桃子の特選PHOTOを写真館でチェック!
 国内女子メジャー「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」の最終日。5打差の2位から逆転優勝を狙った上田桃子は3バーディ・3ボギーのイーブンパーとスコアを伸ばせず、トータル8アンダー単独2位で競技を終えた。なお上田は出場7試合中、6試合でトップ10フィニッシュをしている。

 「1番でボギーが先行してしまい、プレッシャーをかけられなかったのが…」と出だしの躓きを嘆いた上田。優勝した韓国の新鋭、チョン・インジには「2日間一緒に回ったけど、いいゴルフしてるなと思った。ピンチからボギーを打たずにチャンスにつなげるプレーもしたので本当に上手いなと」と賞賛の言葉を贈った。

 剥離した右足親指の影響もあり、万全な状況ではない中でプレー。それで2位は立派な成績にも思えるが「100%悔しいですね」とメジャータイトルを逃した悔しさを隠さなかった。

 「勝たないと意味ないし、そこを目指して練習してきた。早く勝ちたい気持ち、特にメジャーは。近そうで遠いですが」。今季のメジャーは残り3試合。次の試合には万全の体調で臨みたいところだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>