<ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ 3日目◇9日◇茨城ゴルフ倶楽部 東コース(6,550ヤード・パー72)>

 国内女子メジャー初戦「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」の3日目。首位から出たチョン・インジ(韓国)が5つスコアをトータル13アンダーと独走、メジャー制覇に王手をかけた。

森田理香子の特選PHOTOを写真館でチェック!
 5打差の2位に上田桃子、6打差の3位にはイ・ボミ(韓国)がつけている。鈴木愛とジェシカ・コルダ(米国)、テレサ・ルー(台湾)は8打差の4位タイ。この日5つスコアを伸ばした森田理香子が39位タイから8位タイにに急浮上した。昨年覇者の成田美寿々はトータル1アンダー15位タイ。

 以下に主要選手のコメントを掲載する。

●イ・ボミ(トータル7アンダー3位)
「15番は考えが早かったかな。あそこは自信がなくていっちゃって、ミスが多くなっちゃって…(3連続バーディの後、ダブルボギー)。18番でバーディが獲れれば切り替えられたけど、今日はアンダーパーにできなくて。6打差あるので、1番から攻撃的に頑張りたいですね」

●ジェシカ・コルダ(トータル5アンダー4位タイ)
「今日はショットもパットもリズムがなかなかつかめなかったので、キャディといろいろ相談しながらやっていました。もちろん優勝したいと思っているので、明日はスタートダッシュをかけて、早いうちにプレッシャーをかけていきたいです」

●森田理香子(トータル3アンダー8位タイ)
「今週はずっと林の中ばかりで予選通るかなと思ってばかりだったけど、今週岡本(綾子)さんに見てもらって、これかなと思うのをやってみたらハマったという感じです。パッティングは午前中は入らなかったけど、午後は長いものが入ってくれたので気持ちよかったです。追う立場ですごく差があるけど、今日以上にパットが入ってくれたら無きにしもあらずなので、頑張ってみたいです」

●成田美寿々(トータル1アンダー19位タイ)
「今日は午前中からショットが切れていたけど、パッティングが入らずで。伸び悩んでいたら後半入ってくれたので今日は満足のいくゴルフだったと思います。トップと離れているけど、爆発したいと思っているので。最終日はノーボギーでたくさんバーディを獲れるよう頑張ります」

<ゴルフ情報ALBA.Net>