<ザ・レジェンド・チャリティプロアマトーナメント 初日◇9日◇麻倉ゴルフ倶楽部>

 5月9日(土)から2日間の日程で開催されている「ザ・レジェンド・チャリティプロアマトーナメント」。同大会にはツアープロとともにゴルフ好きの著名人28名が出場しファンを沸かせているが、彼らがエースドライバーとしてどんなクラブを使用しているか、興味はないだろうか?使用ドライバーをメーカーごとにランキングしてみた!

椎名さんら著名人のプレーをフォトギャラリーでチェック!
 1位はテーラーメイドの7名。アシュワースの広告塔をつとめている椎名桔平さんが『グローレF』。また日野皓正さんと岩本恭生さんがRシリーズの最新モデル『R15ドライバー』を使用。2位は6名でキャロウェイ。永井大さんが最新の『XRシリーズ』をエースに、元プロ野球選手の西崎幸広さんとミュージシャン・河村隆一さんが『LEGACY BLACK ドライバー』をバッグに入れていた。

 2社に続いたのが、プロギアの4名。郷ひろみさんと前田亘輝さんが『iD nabla X ドライバー』、“ミスター赤ヘル”こと山本浩二さんは『NEW eggbird ドライバー』、そして小泉孝太郎さんが2006年モデルの『T3 ドライバー502銀』だった。

 クラブ別に見ると、アベレージモデル、アスリートモデルの“2強”も人気傾向。タイトリスト『915シリーズ』を岩城滉一さんと“大魔神”佐々木主浩さんが、ダンロップ『ゼクシオエイト』を薬丸裕英さんと中野浩一さんが使用している。

 また大手メーカーだけではなく、ヒロミさんのカムイの『TP-07 タイフーンプロ Nitrogen 』、宮根誠司さんのグランディスタ『Grandista RS-001』“地クラブ”使用者も…。著名人が出場すつ大会では、その人のイメージと使用クラブのイメージが合っているかを比べてみるのも面白い。

1位:テーラーメイド7名
2位:キャロウェイ6名
3位:プロギア4名
4位:タイトリスト3名
5位:ダンロップ2名
6位T:ナイキ1名
6位T:ヤマハ1名
6位T:グローブライド1名
6位T:ミズノ1名
6位T:カムイ1名
6位T:グランディスタ1名

<ゴルフ情報ALBA.Net>