<中日クラウンズ 最終日◇3日◇名古屋ゴルフ倶楽部 和合コース(6,545ヤード・パー70)>

 愛知県にある名古屋ゴルフ倶楽部 和合コースにて開催された国内男子ツアー「中日クラウンズ」。難コンディションの戦いは、韓国のI・J・ジャンがトータル10アンダーと2位以下に4打差をつけて制した。

国内男子ツアーの最新情報を写真でチェック!
 2位にはトータル6アンダーでフィニッシュした谷原秀人、山下和宏、近藤共弘の3人。谷原は3連続バーディで一気に上位を捉えたが、後半14、15番と連続ボギー。「上位が意外と伸びなかったね。決勝は良かっただけに、もっと早くからスコアを伸ばせてればよかったんですけど…」と唇を噛んだ。だが最後は「今週は色々試して、今日は良い勉強ができた」と前を向いた谷原。メジャー初戦へ良い手応えを掴んだ。

 3位タイからスタートした手嶋多一はスコアを伸ばせずトータル5アンダーの5位タイ。「仕方ない。パープレーならオーバーパーではないし良かった。この位置には満足してます」と納得の表情。「残念は残念だけど、和合の攻め方を久々に掴んだ。来年は優勝争いがしたい」と早くも1年後の戦いを見据えた。

 トップタイから出た片山晋呉は6ボギーと苦しみ10位タイ。「うーん、腰痛かったしね。ツキもまったくないしね。まったくゼロ」とお手上げ状態だった。「力が入ったら痛いしね。身体が悪すぎたわ。4日間できたのが不思議なくらい」と最後まで腰と戦い続けた大会だった。

 また60歳の中嶋常幸が最終日に3つ伸ばし21位フィニッシュ。イーブンパーまで戻した。「還暦でよくやったよ。贅沢を言ってられない。キリが無いしね。十分。元気なところを見せられた。次の試合に希望が見えたね」。名古屋の大観衆を湧かせたレジェンドは、そう語り笑顔で会場を後にした。

<ゴルフ情報ALBA.Net>