<サイバーエージェント レディス 最終日◇3日◇鶴舞カントリー倶楽部・西コース(6,515ヤード・パー72)>

 最終日最終組が回った木戸愛。3連続バーディなどで前半9ホール終了時にトップに立ち、“2勝目”が見えかけていた。だが申ジエ(韓国)、菊地絵理香が勢いよく伸ばす展開についていけず、14番、17番で痛恨のボギー。最終ホールを待たずして優勝争いから脱落してしまった。
 
『サイバーエージェントレディス』をLIVEPHOTOで振り返る
 結果的に勝利できなかったが、自身のなかでは「100点満点」だという。その理由は初優勝後に経験した最終日最終組のなかで一番いい経験ができたこと。5番の3連続バーディの直前にボギーを打っているが、「キャディさんに慌てないようにいこう!と言われて、すごい落ち着いてプレーできた。ミスしても地に足をつけてゴルフができました」と緊張の場面でのメンタルコントロールの成功体験を得た。

 だが2勝目への壁は感じている。「優勝争いのなか前半をアンダーで回れたのが良かったですが、後半は優勝争いの難しさを感じました。ショットの不安から力みで出てしまうとやっぱり勝てないんだって」。

 会場に訪れていた師匠・芹澤信雄にいい報告ができなかったが、「成長したと言われて、嬉しかった」と自身の歩みを肯定してくれる存在の言葉を噛み締め、「次はいい報告をしたい。頑張ります」と気持ちを新たにした。

 「今回得たものはすごく大きいです」。次戦『ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ』は過去3年連続予選落ちしているが今年は結果を残し、シーズン中盤戦へ向け波に乗りたい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>