<サイバーエージェント レディス 2日目◇2日◇鶴舞カントリー倶楽部・西コース(6,515ヤード・パー72)>

 直近の大会で、初優勝を挙げた菊地絵理香と藤田光里が勢いを保っている。菊池はトータル1アンダー・5位タイ、藤田はトータルイーブン・9位タイと巻き返せる位置につけて『サイバーエージェントレディス』最終日を迎える。

菊地絵理香らの『サイバーエージェントレディス』2日目をLIVEPHOTOで振り返る
 先週の「フジサンケイレディス」を制した藤田。前半1つスコアを伸ばすと、後半は10番から3連続バーディでギャラリーを沸かず。しかし一転15番からは3連続ボギーと“派手なゴルフ”になってしまったが、上位が伸び悩む展開で前日21位タイから浮上した。「あまり得意なコースではないので、予選を通れただけでも良かったです。ハーフターン後のバーディは運があっただけで、ボギーが(3連続)ボギーが今の実力。(明日は)優勝を意識せずイーブンでいいかな」。

 先々週の「KKTバンテリンレディス」で悲願の初優勝を挙げた菊地の今大会は、「昨日は渋いパーパットを沈めることででき、逆に今日はパットが全然入らない。でも2日間合わせて上出来かな」と調子はまずまずといった様子。「明日は相当伸ばさなければいけないので、5位狙いで(笑)」と、藤田同様、ベストを尽くして、上位の結果を待つ姿勢だ。

 菊地は“北海道勢2連勝中(菊地・苫小牧市出身/藤田・札幌市出身)”について問われると、沖縄、九州、四国勢出身への対抗心もチラリ。「同じ北海道でツアーに出場している選手は少ないし、藤田さんとで盛り上げていけたらなと思います。北海道は私が小さい頃から今でもジュニアは少ないですし。やっぱり南の方のイメージが強いじゃないですか。九州に比べると格段に少ないですしね」。

 現在賞金ランク1位(菊地)、3位(藤田)に位置する2人。故郷を盛り上げるために、この位置をキープしたいが、当の菊地は「(上にいるのが)奇跡的なので、もういいです。たまに茶化されますし」と、実は居心地があまり良くないようだった。

<ゴルフ情報ALBA.Net>