<サイバーエージェント レディス 2日目◇2日◇鶴舞カントリー倶楽部・西コース(6,515ヤード・パー72)>

 チップインバーディで魅せたラウンドの最後はイーグル締め!『サイバーエージェントレディス』2日目の木戸愛は、この日2人しかいない“60台”で3つスコアを伸ばし、2位に浮上した。

木戸愛のプレーなど『サイバーエージェントレディス』2日目をLIVEPHOTOで振り返る
 1アンダーからスタートした木戸は立ち上がりで連続ボギーを喫してしまうが、7番で7mのフックラインを沈めてバーディを奪うと、続く8番では左ラフからのチップインバーディ。後半に入ると14番、15番で連続バーディを奪い、トータル3アンダーまで上がってきた。

 しかし17番で痛恨のボギー。1歩後退してして迎えた18番のティショッ。左ドッグレックで林越えの狙っての2オンが理想の攻め方だが「狙いより左にいって、ドキッとした」という打球は林を越えきらず林の中へ…と思いきや、木の間からボールがこぼれ落ちて、2オンを狙えるフェアウェイの絶好の位置にコロがっていった。「木に当たったのはわかりませんでしたが、ラッキーでした」と木戸。セカンドショットでピン右の10mのフックラインにつけると見事に沈め、イーグル奪取。結果首位・申ジエと1打差の4アンダーで最終日を迎えることができた。

 開幕から予選を通過していたが、直近2試合では予選落ち。だが「意味のある予選落ちだった」と捉えている。「先週の女子ツアーは(師匠の)芹澤さんから観たほうがいいと言われたのでテレビで見ました。そこに自分がいない悔しさを感じたり、上位にいる人のリズムの良さに注目したり、勉強になりました」。“心技体”が整っていなかったのだと感じたのだという。

 先週は練習日に芹澤に帯同してもらい、「上下動の動きがでている」とショットの指導を受けた。「今シーズンはアプローチが良くなって結果に結びついている。イメージは作れているので、反復練習で自信をつけていきたい」。芹沢の指導でオフに重点的に取り組んできたショートゲームの大切さを思い出し、兄弟子・藤田らが愚直にスイングを作ってきた芹澤流の“腰から腰のスイングでの30ヤードショット”でリズム感を見直し、好結果が生まれた。

 「今のテーマは“全てを受け入れて進んでいこう”。明日もどれだけ粘れるかだと思います。優勝を意識せず、自分のテーマをやりきるだけです」と、最終日への意気込みを語った木戸。「今日は芹澤さんに電話してみようと思います」。2勝目を手に入れたときには、前日に受けた芹澤からの金言を聞いてみることにしよう。

<ゴルフ情報ALBA.Net>