<中日クラウンズ 2日目◇30日◇名古屋ゴルフ倶楽部 和合コース(6,545ヤード・パー70)>

 国内男子ツアー第2戦「中日クラウンズ」は2日目の競技が終了。4位タイからスタートした山下和宏は、この日4バーディ・2ボギーとこの日も2つスコアを伸ばしトータル5アンダーの3位タイに浮上。予選ラウンドを終え、首位と3打差と悲願の初優勝へ向け好位置につけた。

国内男子ツアーを写真で振り返る!
 前半スコアを1つ伸ばしてハーフターンした山下は後半でも12番でバーディを奪い順調にスコアを伸ばした。そこまでボギー1つに抑え安定していたが17番(パー3)でティショットをバンカーに入れ2つ目のボギーで悪いムードに。さらに次は最難関の18番。

 それでも今の山下は悪い流れを断ち切る強さがある。その18番ではティショットでは見事なショットで残り120ヤード地点につけると、「思い通りに打てた」とセカンドをピン奥1.5メートルにピタリ。これをきっちり決めてバーディフィニッシュ。最難関のホールでのバーディに「気持ちよく終えられた」と笑顔のホールアウトした。

 今大会では山下からプレーに自信があふれている。それはパターの調子の良さがそうさせている。「今はパターが怖くない。アプローチとパターが良ければボギーはほとんどないし、そのアプローチも“3メートルならしっかり決められる”と思うと余裕を持ってできている。一皮剥けたかな」。

 さらに気持ちにも余裕が見える。「最終組とかよりもトップとの距離感を大事にね。あとはあまりジタバタしないように。そうなりやすいコースだけど、何が起きても落ち着いていきたい」。開幕戦でつけた自信を胸に、初優勝を目指す。

<ゴルフ情報ALBA.Net>