<サイバーエージェント レディス 初日◇1日◇鶴舞カントリー倶楽部・西コース(6,515ヤード・パー72)>

 「サイバーエージェント レディス」は初日の競技が終了。韓国の実力者・申ジエが3連続を含む6バーディ・2ボギーの4アンダーでラウンドし首位に立った。

あだ名は“スマイルキャンディ”!イ・ボミの特選フォトギャラリー
 「コースコンディションが良すぎて、グリーンが固くなり、アイアンの距離感を合わせるのが難しかった」と試合を振り返ったあと、申は初体験を告白。「初めて半ズボンを履きました。皆さんから似合っているのと言われて嬉しい」と、ファッションチェンジで気分を高めたことも好調の要因か。

 1打差の2位タイには笠りつ子と18歳のアマチュア・野澤奈央が続き、2アンダーにはフェービー・ヤオ(台湾)と西山ゆかりがつけている。先週からいい流れで大会に臨んでいる西山は「(先週の12位Tは)気持ちの面で勉強になった。先週に引き続き、ルーティンを大事にして挑んでいきたい」と上位進出を狙っている。

 1アンダーグループは、“4試合連続2位”継続中のイ・ボミ(韓国)ら8選手。ボミは「先週は初日が悪かったので、今週は初日からどんどんいこうかな」と前日に話していたが、及第点の7位タイ発進となった。

 一方、思い通りのプレーを見せることができなかった注目選手は、一ノ瀬優希。先週は優勝争いを引っ張り、ティフェンディングチャンピオンとして迎えた今大会だったが、初日3オーバーと出遅れた。「明日は3アンダーで回ってまずイーブンに戻す。“まだ”3オーバーなので最後まで何が起こるかわからないので頑張ります」と闘志を燃やしていた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>