<ボランティア・オブ・アメリカ・ノース・テキサス・シュートアウト 初日◇30日◇ラスコリナスCC(6,462ヤード・パー71)>

 今週の注目は若いスター選手たちだ。女子世界ランキング1位のリディア・コ(18)、そして先週単独3位でフィニッシュした17歳のブルック・ヘンダーソン。しかし、第1ラウンドは2人のベテラン選手が注目を浴びた。ジュリ・インクスターとクリスティ・カーだ。2人合わせて48勝を挙げメジャー大会は9度制している。

 インクスター、カーそしてシドニー・ミシェルズは初日に66をマークし、1打リードしている。2015年ソルハイムカップのキャプテンを務めたインクスターは、最近第1ラウンドですばらしいプレーを続けている。ANAインスピレーションでは3アンダーの69をマークしトップと2打差、先週のスインギング・スカートLPGAクラッシクの初日もトップと1打差とした。最終的にはそれぞれ、64位タイ、15位タイという結果だったものの、彼女のプレーは確実にいい方向へ向いてきている。

 「なかなかいいプレーをしているわ。」インクスターは言う。「ゆっくりとだけれど、自分のゲームに少しずつ自信を取り戻そうとしているの。先週もそうね。金曜、土曜とそこまで悪いプレーはしなかったから、難しいコンディションだっただけね。」

 しかし、インクスターと並ぶ首位タイには、カーとミシェルズ、1打差の4位タイにはレクシー・トンプソンら10人の選手が並んでいる。そのため、インクスターはこの米国女子ツアー
では、最年長優勝記録を持つべス・ダニエルより8歳年を重ねての優勝は難しいと考えているようだ。

 「私は、優勝をそれほど待ち望んではいないわ。」インクスターは語る。「第1ラウンドはいいプレーをするけど、第2ラウンドではいいプレーができていないもの。だから試合をすることを楽しみにしているの。今日はドライバーが良かったし、いいアイアンショットも打てた。明日も同じようなことを期待するわ。どうなるかしらね。」

【インクスターと並ぶクリスティ・カーとシドニー・ミシェルズのコメント】

 カーは、1か月前のキア・クラシックで勝利を収めた後、自分の試合に同じような手ごたえを感じていなかった。優勝以来、41位タイ、7位タイ、18位タイという成績が続き、行き詰っていた。「今週、コーチに会いました。過去何週間かボールのとらえ方に問題を抱えていました。でも、今日は純粋にいいショットが打てて良かったです。」

 ミシェルズは今日最終グループで回り、ボギーなし、17番パー3でバーディをきめ、インクスターとカーに並んだ。「いいショットが多かったわね。初めの方はいいパットもできたし。今日は本当に自信を感じたわ。」とミシェルズは語った。

※USLPGA公式サイトより提供

<ゴルフ情報ALBA.Net>