<中日クラウンズ 事前情報◇28日◇名古屋ゴルフ倶楽部 和合コース(6,545ヤード・パー70)>

 今年で56回目の開催となる春のビッグトーナメント「中日クラウンズ」。今季から国内男子ツアーの2戦目となったこの大会では、名門、名古屋ゴルフ倶楽部 和合コースを舞台に数々のドラマが生まれてきた。

昨年は青木功とジャンボ尾崎が仲良く相合傘??
 開幕の時が刻々とせまる中、練習日の28日(火)には「中日クラウンズ チャンピオンズマッチ」が開催。これは昨年20年ぶりに復活した名物イベントで、「中日クラウンズ」の歴代優勝者のみが出場することができる。今年は、永久シードプレーヤーの片山晋呉、尾崎直道をはじめ、星野英正、今野康晴、金亨成、松村道央、I・J・ジャン(韓国)、B・ジョーンズ(オーストラリア)、近藤共弘、宮瀬博文といったそうそうたるメンバーが参加した。

 同競技は名古屋ゴルフ倶楽部 和合コースのINコースを使用。まず参加した10選手たちはファーストステージで3組に振り分けられ、10番から12番の計3ホールを使用したストロークプレーを行う。そして、各組のトップがファイナルステージに進出し、同大会5勝を誇るレジェンド、青木功を加え17番、18番を使用したストロークプレーで優勝を競う。(※同スコアの場合、ファーストステージは12番グリーン脇のバンカーからニアピン勝負。ファイナルステージは18番グリーン脇のラフからのニアピン勝負)

 スタート前の10番ティグラウンドでは大会セレモニーが開催され、そこでは3人の永久シード選手が互いを牽制。尾崎が、「今日の服装は燃えるオレンジでやる気を表現したよ。今年は予選を勝ち抜いて青木さんにチャレンジしたいですね」と意気込みを話すと、それに対し青木は、「それが目的じゃ絶対勝てないよ(笑)」と“口撃”。一方、片山は、「今年は直道さんと青木さんと回りたいですね」と控えめなコメントだったが、MCから「大先輩をやっつけるということですか?」と問われると、「もちろんです」と力強く答えた。

 尚、同イベントの模様は大会終了後の5月4日(月)午後3:56〜4:50にCBCテレビで放送される。

<ゴルフ情報ALBA.Net>