<WGC-キャデラック・マッチプレー選手権 事前情報◇27日◇TPCハーディングパーク>

 新冠スポンサーにキャデラックを迎えた「WGC-キャデラック・マッチプレー選手権」が今年からカリフォルニア州にあるTPCハーディングパークに舞台を移して29日(水)から5月3日(日)までの5日間にわたって開催される。

松山英樹、石川遼の写真続々アップ!PGAツアーフォトギャラリー
 変わったのはスポンサーとコースだけではない。今年から競技方式も大幅に変更がなされた。昨年までの初日からのトーナメント方式から、今年は出場64選手を4人ずつ16のグループに分けて3日間の総当たり予選を実施。そこを勝ち抜いた16名で2日間の決勝トーナメントが行われる。サッカーのワールドカップなどと同様の方式だ。

 日本勢で唯一出場する松山英樹はケビン・ナ(米国)、ヨースト・ルイテン(オランダ)、アレクサンダー・レビ(フランス)というグループに入った。世界ランキング16位の松山は同グループの中では最上位。もちろん本命として位置づけられている。PGAツアー公式ホームページの優勝予想番付では松山英樹が2位にピックアップ。ジョーダン・スピース(米国)に続く評価を得ている。注目の初日はレビと現地時間2時50分にマッチをスタートする。

<ゴルフ情報ALBA.Net>