<フジサンケイレディスクラシック 初日◇24日◇川奈ホテルゴルフコース 富士コース(6,367ヤード・パー72)>

 国内女子ツアー第8戦「フジサンケイレディスクラシック」が静岡県にある川奈ホテルゴルフコース 富士コースにて開幕。その初日、堀奈津佳が11番ホールでホールインワンを達成した。

【関連】堀奈津佳のプレーをLIVE PHOTOでチェック!
 序盤はチャンスを作り出すもなかなかバーディが奪えないもどかしい展開。ショットは良いにも関わらずスコアは伸びず。そんな状況で迎えた11番パー3だった。「いいところにつけて今度こそ決めてやろうと思ったら、すごく良い当たりだった」。7番アイアンを握り、放ったティショットはカップへ一直線。「入ったのが見えました」と人生初の“エース達成”となった。

 今週の練習ラウンドで、妹の琴音が同ホールでホールインワンを達成していただけにビックリ。「こんなに長くゴルフをやってるから、自分もいつかはホールインワンをしたいなぁと思いました。まさかこんなに早く出るとは。とても嬉しかった」。

 しかしその後は、16番までにボギー2つにダボ。スコアを一気に4つ落としたが、堀は上がり2ホールのプレーに手応えを感じている。「ダブルボギーを叩いたけど、気持ちを切らさず、残りのホールが今日の勝負だと思うことができた。2ホールともパーだったけど、17番、18番と諦めずにバーディを狙えるところに打てた。(終盤に粘れたのは)最近なかったことなので良かったです」と浮き沈みの激しいゴルフとなったが、闘争心は最後まで失わなかったことが明日に繋がると話した。

 3試合連続予選落ち中。初エースを浮上のキッカケにし、今大会は上位を狙いたいところ。 「高麗芝は難しい。ちょっとミスするとずるずる行ってしまう。このコースは雰囲気があるし、人生初ホールインワンをここで達成できて良かった。明日からも独特な空気感の中でも良いゴルフができれば」。そう話すと堀は練習場へ向かって駆けていった。

<ゴルフ情報ALBA.Net>