<フジサンケイレディスクラシック 事前◇23日◇川奈ホテルゴルフコース 富士コース(6,367ヤード・パー72)>

 国内女子ツアー第8戦「フジサンケイレディスクラシック」が24日(金)より静岡県にある川奈ホテルゴルフコース 富士コースにて開幕。先週嬉しいツアー初勝利を挙げた菊地絵理香がプロアマ戦に出場。最終調整を行った。

菊地絵理香の初Vをフォトギャラリーで振り返る
 涙の初優勝から1週間。何百件というお祝いがメッセージが菊地の元に届いた。反響は大きくなじみの薄い人からも多くの連絡があったことで、掴んだものの大きさを改めて実感した。「優勝できたことももちろん嬉しいんですけど、何よりも優勝して喜んでくれた人がたくさんいてくれたのが嬉しかった」と笑顔を見せる。

 そうして臨む今大会。当然優勝への期待がかかってくるが、舞台となる川奈は「あんまり得意じゃない」という。「高麗グリーンで目もきついです。さらにフェアウェイのアンジュレーションもすごいので距離感を出すのがとても難しいですね」と難コースにトーンは低め。目標を聞かれても「頑張って予選を通過して、20位以内に行ければ。過去最高が39位タイですから」。

 だが、この気負いがない姿勢こそ菊地の強さだ。「私は期待していない方が、いい形で終われる。今できることだけします」と、スコアや順位を気にせず目の前の一打に集中して栄冠を手にしたからこそ、同じく自然体で臨む構えだ。「優勝して大きく変わった部分はないですけど、比較的落ち着いていますね。周りをより見られるようになった」。今の菊地ならば2週連続優勝も十分に狙えるだろう。

<ゴルフ情報ALBA.Net>