国内女子ツアー「KKT杯バンテリンレディスオープン」でプロ8年目の菊地絵理香が悲願の初優勝を挙げた。

表彰式ではクマモンと笑顔でツーショット!
 昨季までスタッツの中で最も順位が悪かったのは平均パット数の52位。初優勝に向け、パッティングが弱点となっていたが、今季はオフの宮崎合宿で谷口徹らから「パターを感性が生かせるものにしたほうがいい」とアドバイスされ、マレットタイプからピンタイプのセレクト・ニューポート2に変更した。

 このパターチェンジにより、今季は現在平均パット数2位。弱点を見事に克服し悲願の初優勝につなげた。

 またドライバーのシャフトにも菊地らしいこがわりが。現在挿している「スピーダー569」は、昨年の3月にドライバーを「タイトリスト VG3」に変更した時に合わせて変えたもの。その変更理由を藤倉ゴム工業の担当者は次のように語る。

 「ドライバーのヘッドに替えた時に、左へのミスが多くなったと菊地プロから相談がありました。ヘッドの重心位置が変わったことで、当時使用していた中元調子のVC5.2では振り遅れるようになったと判断し、あえて逆の発想のモトーレ スピーダー569を提案しました。以前よりも戻りの早いシャフトに変更することで、インパクト前で余計な手の操作をしなくなり、左へのミスが出なくなりました。ドライバーの安定感を生んでいると思います」。

 その言葉通り今大会でもティショットは高確率でフェアウェイをキープ。最終日の後半、リードした場面でしっかりとパーをキープすることに大いに奏功した。

 菊地のセッティングは以下の通り。

【菊地絵理香のクラブセッティング(Whats in the Bag)】
1W:タイトリスト VG3 ロフト9.5度 シャフト:フジクラ スピーダー569 フレックスS 長さ45インチ
3W&5W:タイトリスト 913F
4UT:タイトリスト VG3
アイアン:タイトリスト VG3フォージド 5〜9番
ウェッジ: タイトリスト ボーケイデザイン スピンミルド(48、52度、57度)
パター:タイトリスト スコッティキャメロン セレクト・ニューポート2
ボール:タイトリスト プロV1x

<ゴルフ情報ALBA.Net>