<東建ホームメイトカップ 2日目◇17日◇東建多度カントリークラブ・名古屋(7,081ヤード・パー71)>

 初日を迎えるまでは「試合に出たくないとさえ思っていた」と山下和宏。結果的に4アンダー・9位タイと上位で予選突破を果たした選手の言葉とは思えないが、「パターに悩んでいて、(先週の)岐阜オープンに出た時もヤバイな〜と思っていて」と深刻だったようだ。

熱戦の模様を写真でプレーバック!
 パットで手が動かなくなった。3月に「BMWニュージーランドオープン選手権」出場時に宮里優作からアドバイスをもらい、“クローグリップ”を採用するが、いい感触までは掴めていなかった。

 アプローチも壊滅的。片山晋呉の欠場で急遽出場した試合前日のプロアマ戦でも「手が自然に下りてこないから、意識的に下ろそうとしてカツーンってやっちゃう」と、パーティ後いろいろな選手に改善策を聞き回ったという。「本人がアプローチイップスだと言っていた」小田龍一にも指南を受けたが解決せず、途方にくれた。

 そんななか練習場で「3年ぶりに本格的にコーチをつけた」という米澤コーチから「ミスするときはインに上がってますよね」などとアプローチ、パターのストロークについてアドバイスを受けたところ、劇的に変化。「それで(青ざめていた状態から)全身の血が戻ってきた感じ」とショートゲームの壊滅状態を免れた。

 コーチを「命の恩人ですよ」と評した山下。パットも思い通りに打てる感触を得て、「明日優勝争いに残れば本物ですね」と表情は明るい。だが優勝こそないものの7年連続でシードを獲得し安定した成績を残す選手から、紙一重で積み上げてきたものが崩れそうになるという話はやはり怖い…。

<ゴルフ情報ALBA.Net>