<KKT杯バンテリンレディスオープン 初日◇17日◇熊本空港カントリークラブ(6,452ヤード・パー72)>

 国内女子ツアー「KKT杯バンテリンレディスオープン」の初日。ここまで6試合中4試合でトップ10フィニッシュと安定した成績を残している菊地絵理香が4バーディ・ノーボギーの“68”でラウンド。4アンダーで単独首位に立った。

大人気!菊地絵理香写真特集を更新中!
 ここまで平均パット数は1.7598で1位。好調なパットで上位につけていたが、「ずっとショットが良くなかった」という菊地。しかし、今週はボール位置の修正と、クラブを1インチ短く握るようにしたところ、「最後まで気持ちよく振れた」とドライバーが安定。「セカンドが良いところから打てるので、ボギーなく回れました」と会心のプレーを披露した。

 ようやくショットも復調してきたが「このコースは予選を通ったことがないので、あんまり期待していないです」と苦笑。これまで優勝のチャンスは幾度もあったが「自分で意気込むとつまづいたりするので…自分に期待せずに、やれることをやっていこうと思います」と冷静に話した。

 菊地の今の心境はまさに「人事を尽くして天命を待つ」。「自分に期待しないほうが、良い形で終われている」。周りを見ず、結果を考えず、自分のプレーにだけ集中し最終日の18番まで戦い抜ければ、悲願の初優勝が見えてくるだろう。

<ゴルフ情報ALBA.Net>