<ロッテ選手権 初日◇15日◇コオリナGC(6,383ヤード・パー72)>

 初代女王の宮里藍は多くの選手がハワイの風に苦戦する中、2アンダーで15位タイと好スタートを切った。

宮里藍の特選PHOTOを写真館でチェック!
 「朝から風の強い一日だったので、ショットの距離感だけをしっかり意識してというのをテーマにきょうはスタートしました」という宮里は、2番でボギーが先行するも5番、6番で連続バーディ。9番ボギーのあと、13番、14番の2度目の連続バーディを奪取。さらに17番でもスコアを伸ばした。最終18番では「セカンドが思いの外長い距離」が残りボギーフィニッシュとなったが、5バーディ・3ボギーの“70”で初日を終えた。

 「80ヤードでもこの風は難しい」というハワイの風。それでも第1回から連続出場する宮里にとっては「風は例年こんなです」とさらり。「どれだけ風に任せて打つのか、それとも影響を受けないように打つのか、低めに打つのかとか、これだけ風が吹くとすごくバリエーションが必要」とコースの攻略法も心得ている。それでも今日は「いつもより慎重にというか、丁寧にやったつもりです」という。

 前日「ショットの調子はこのところずっと良い」と語っていたが、今週も調子をキープ、初日バーディを量産した。「今ショットが調子が良い分、セカンドでチャンスを作って行きたい」と意気込む。

 今シーズンは出場した全試合で予選通過している宮里だが、17位タイが最高位と満足のいく成績ではない。先週のメジャー初戦『ANAインスピレーション』では初日2位と最高のスタートを切るもその後は伸ばせずに低迷した。今大会も好スタートを切った宮里。今週こそは優勝争いに期待したい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>