国内女子ツアーで「スタジオアリス女子オープン」で今季初優勝を挙げた成田美寿々。最終日は出だしから圧巻の6連続バーディを奪うなど8つのバーディを量産。“64”をマークし強さをみせつけた。

成田の優勝をライブフォトで振り返る!
 成田は先週、ドライバーのシャフトを高校時代に愛用していた“クレイジー”のCB46に変更。クレイジーのシャフトは一時ハイアマチュアがこぞって使った高級カーボンシャフト。「すっと楽に振れる様になりました。ドライバーが安定して飛んでたのは勝因ですかね」とこの変更が吉と出たようだ。

 また、成田は山形市にある“山田パター工房”のパターを使用。2012年の米下部ツアーでオーストラリアのライン・ギブゾンが同工房のパターを使い世界最少ストローク“55”をマークしたことで一躍有名に。翌年ワシントンで行われた日米首脳会談の際に安倍晋三首相がオバマ大統領にプレゼントしたことでさらに知名度を上げた。成田は「フィーリングが良くて転がりもいい」とこの工房のパターに絶大な信頼を寄せている。

【成田美寿々のクラブセッティング(Whats in the Bag)】
1W:ヤマハ RMX TOURMODEL ドライバー ロフト9度 シャフト:クレイジー CB46 フレックスSX 長さ46インチ
3W:キャロウェイ X-HOT
3&4UT:ピン G30
アイアン:ダンロップ スリクソンZ525 5〜9番
ウェッジ: ダンロップ クリーブランド588RTX(48、56度) CG17(56度)
パター:山田パター工房 カマクラ

<ゴルフ情報ALBA.Net>