<マスターズ 3日目◇11日◇オーガスタナショナルゴルフクラブ(7,435ヤード・パー72)>

 米国男子メジャー「マスターズ」の3日目。トータル3アンダーの12位タイからスタートした松山英樹は1イーグル・3バーディ・3ボギーの“70”で回りトータル5アンダーでホールアウトした。トップとの11打差は詰まることはなかったが10位タイに名前を連ねて最終日を迎えることとなった。

【関連】松山の3日間を振り返る!マスターズPHOTOギャラリー
 2日連続のイーグルは停滞ムードを振り払う一撃となった。この日は3番でバーディを先行させるも、直後の4番パー3で短いパーパットを決めきれずボギー。さらに7番ではセカンドをグリーン奥バンカーに打ち込んで2つ目のボギーとした。

 迎えた8番。セカンドを3番ウッドでグリーン手前フェアウェイまで運ぶとピンまでは約55ヤード。60度のウェッジでややピンの左から低く出したアプローチに中継ラウンド解説の芹澤信雄が「上手い」とうなったのも束の間、ボールは手前の傾斜からラインに乗ってピンを叩くと、そのままカップインした。

 大喝采に右手を挙げて答えると、ここから一気にギアアップ。ハーフターン後は12番で約4メートルを沈めてバーディ、続く13番パー5でも5メートルをねじ込んで連続バーディとした。

 しかし、終盤は課題のパットが決まらず足踏みを続けると、18番ではティショットを曲げると木の下から前かがみの状態でショットを強いられて3オン。最後は約4メートルのパーパットを左に大きく外してボギー。この日も2つスコアを伸ばしたものの「やっぱり60台は出したかった」と最後の1ストロークを悔やんだ。

 2日間ため続けたグリーン上でのフラストレーション。この日はパッティングに30ストロークを費やし「パッティングが昨日までと一緒でイマイチ」と表情を曇らせた。ミドルパットをねじ込む場面もあったが、「良い時もあるけど、それが続かない。上手くいかないところは全然違うところにいってしまう」と到底納得はできない内容。例年とは異なるグリーンスピードではなく、問題は自身のストロークに限定した。

 「今のショットなら良くないなりにもチャンスについている。普通のパッティングがあれば簡単に60台は出せると思う」。ショットに手ごたえをつかんでいるだけに、パッティングとのコントラストがより際立つ結果にイラだちもある。「頑張ります。それしかないでしょ」。最後は迷いを吹っ切るように笑顔を作った。

<ゴルフ情報ALBA.Net>