<マスターズ 3日目◇11日◇オーガスタナショナルゴルフクラブ(7,435ヤード・パー72)>

 ジョージア州にあるオーガスタナショナルゴルフクラブにて開催されている米国男子メジャー初戦「マスターズ」。3アンダーから12位タイからスタートした松山英樹は1イーグル・3バーディ・2ボギーの5アンダー10位タイで3日目を終えた。

昨年は18番でこの選手が涙!今年歓喜の涙を見せるのは?
 オーガスタのムービングデー。昨日のラウンド後、「内容的には満足できない。でも、終わったことを後悔するより先のことを考えていく方がいいと思う。1打でもしっかりつめられるようにしていきたい」と語っていた松山。タイガー・ウッズの1つ後ろの組でティオフを迎えた。

 1つのバーディと2つのボギーを重ねて迎えた8番パー5。セカンドでグリーン手前まで運ぶと、まだ距離のある位置から放ったアプローチショットはピンのある段に着地するとフラッグへ一直線。最後はピンに当たり、すとんとそのままカップへ。2日連続のイーグルを奪うと、後半も1つボギーを叩いたものの2つバーディを奪いホールアウト。トータル5アンダーまで伸ばした。

 ラウンド後は開口一番「昨日までと一緒の感じですね」。パターのタッチがかみ合わなかったりと、伸ばせそうで伸ばせないもどかしさに苦笑いを浮かべた。それでも最後は「明日も頑張ります」と言葉に力を込めた松山。明日の最終日に残りのすべてを出し切る。

<ゴルフ情報ALBA.Net>