<マスターズ 2日目◇10日◇オーガスタナショナルゴルフクラブ(7,435ヤード・パー72)>

 米国男子メジャー「マスターズ」。予選ラウンドはジョーダン・スピース(米国)の36ホールでのマスターズ史上最少ストローク記録更新という偉業達成に注目が集まったが、2日目にはダスティン・ジョンソン(米国)が1ラウンド3イーグルというこちらもマスターズ記録を打ち立てた。

2015年マスターズ写真特集 注目のあの選手も…
 ジョンソンは2番でまず1つ目のイーグルを奪うと、8番でもイーグルを奪ってハーフターン。13番パー5はバーディに終わったものの、15番もイーグルとし7アンダーまでスコアを伸ばして見せた。ちなみに、今大会2日目に生まれたイーグルはジョンソンの3つ、松山英樹の2番ホールを含めて17個。これは2009年大会の第2ラウンドの17個に並ぶ1ラウンド最多イーグルタイ記録だ。

 タイガー・ウッズ(米国)らが口にするように、例年よりもグリーンが柔らかく遅いとされている今年のオーガスタ。第3ラウンドスタート前には雨が降りその傾向にさらに拍車がかかる可能性がある。決勝ラウンドでも派手なイーグルラッシュが見られるかもしれない。

【マスターズでのイーグルにまつわる記録】
1ラウンド最多イーグル:3 2015年2R ダスティン・ジョンソン
全選手の1ラウンド最多イーグル:17 2009年2R、2015年2R
全選手の4日間通じてイーグル数:37 1991年
通算イーグル数:24 ジャック・ニクラス

<ゴルフ情報ALBA.Net>