<マスターズ 2日目◇10日◇オーガスタナショナルゴルフクラブ(7,435ヤード・パー72)>

 ジョージア州にあるオーガスタナショナルゴルフクラブにて開催されている米国男子メジャー初戦「マスターズ」2日目。1アンダー・18位タイ発進となった松山英樹はスコアを2つ伸ばし、トータル3アンダーで予選突破を果たした。

【写真】マスターズ初戦の戦いを振り返る!PHOTOギャラリー
 立ち上がり2番パー5でセカンド285ヤードをグリーンオンし、イーグルを奪取。パトロンを沸かせた松山だが、続く3番パー4、そして7番パー4でボギーとなってしまい、前半はイーブンで折り返す。

 しかしバックナインに入ると猛チャージ。12番パー4でチップインバーディを奪うと、13番パー5、15番でもスコアを伸ばすが、初日と同じく後半に鬼門が…。17番で2オンできず、パーパットは右に外れてしまいボギーとなってしまう。終盤の連続ボギーがよぎるが、18番は3mのパーパットをしっかり沈め、2日目を1イーグル・3バーディ・3ボギーの“70”で終え、トータル3アンダー。決勝ラウンド進出を決めた。

 過去3大会で松山がアンダーパーで2日間を終えたのは初めて。記録的なスコアで首位を走るジョーダン・スピース(米国)とは10ストローク以上離されているが「初日同様、ショットはまだ良くなく、パットも決めきれなかった。(そのなかで)12番のチップインバーディ、13番のバーディが大きかった。まだ2日間あるので、なにが起こるかわからないので少しづつ詰めていきたい」と意気込みを語った。

<ゴルフ情報ALBA.Net>