<マスターズ 初日◇9日◇オーガスタナショナルゴルフクラブ(7,435ヤード・パー72)>

 最終組の1つ前にいた世界ランキング111位にパトロンがスタンディングオベーションだ。途中棄権した2月の「ファーマーズ・インシュランス・オープン」以来の実戦。過去4度制しているオーガスタに2年ぶりに帰ってきたタイガー・ウッズ(米国)は3バーディ・4ボギーの“73”で回り1オーバー41位タイで初日を終えた。

ウッズ、水曜日のお祭りには恋人と子供と登場!
 ミスショットにイラ立ち、会心のショットには鋭いまなざしを突き刺していく。1オーバーとスコアを落としてのフィニッシュだったがウッズはアドレナリンを満載して久々のツアーでの18ホールを回りきった。9番ではティショットを大きく曲げてセカンドで“シャンク”。12番ではティショットをクリークに落としてうなだれるなど不安な場面も見せたが、「ショットは3アンダーくらい」と復帰ラウンドに及第点をつけた。

 一方で頭を悩ませたのがグリーン上。「僕らのグループはグリーンで苦戦したんだ。今日はだいぶ“遅い”って話しをしていて、しっかり打っても転がらなかった」。2年ぶりに立ったガラスのグリーンはこの日はちょっと曇り気味。グリーンの状態は変化していくことも織り込み済みだが、2日目以降は感覚を合わせていくことができるだろうか。

 前日練習ラウンドを共にしたジョーダン・スピース(米国)とは9ストロークの差がついた。だが、一回り以上年下のトーナメントリーダー相手に39歳の闘争心はいささかも衰えない。「まだたったの9打差。先は長いしマスターズは何が起こるかわからないよ」。完全復活へ。まだ一歩目を踏み出したばかりだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>