<ANAインスピレーション 3日目◇4日◇ミッションヒルズカントリークラブ(6,769ヤード・パー72)>

 トータル1オーバーの42位タイからスタートした横峯さくらは2つスコアを落としトータル3オーバーの53位タイ。「アンダーパーで回りたかった」と目標を定めてスタートしたが、序盤で反撃の流れを失った。

横峯さくらの特選フォトギャラリー
 「1番で2メートルくらいのバーディパットを決めることができなくて。あれが象徴的かなと思う」。ピン左上からのパットはスライスラインが手前で切れて入らずパー。続く2番ではティショットを左に曲げてボギーとすると、6番、7番でもティショットを曲げて連続ボギーとした。9番、11番と2つのパー5でバーディを奪うも、浮上の推進力にはならない。12番をボギーとすると、バーディを奪った直後の16番もボギーとし最後まで波に乗れなかった。

 この日のラウンドを「率直にボギーを打ちすぎ。バーディを獲ったらボギーを打ってというのが続いて流れが良くなかった」と切り捨てた横峯。フラストレーションの溜まるラウンドに「今日はマイナス感情が強すぎたかなと思う」と精神面でもリズムを作れなかった。それでも、「悪い中でパッティングが少しは良くなったかなと思うので、そこだけは明日に向けて頑張れる」とポジティブな要素も見つけている。苦しみながらたどりついたメジャーの最終日は次戦以降につながる18ホールとしたい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>