<ヤマハレディースオープン葛城 2日目◇3日◇葛城ゴルフ倶楽部山名コース(6,548ヤード・パー72)>

 静岡県にある葛城ゴルフ倶楽部 山名コースで開催されている国内女子ツアー「ヤマハレディースオープン葛城」2日目。単独2位からスタートした藤田光里はこの日まさかのノーバーディ。2つスコアを落としが2位タイに踏みとどまった。

藤田光里の特選PHOTOは写真館でチェック!
 2オーバーでもラウンド後の表情は晴れやかだった。「これ以上打たなくて良かったです。ノーバーディでしたが許せる内容ですね」と納得のスコアだという。「昨日はパターがたくさん入った。今日はバーディパットは決まりませんでしたが、良いパーパットが入ってくれた」と調子も落ちていないことを強調。「今日落とした分、明日取り返したい。攻めて行きます」と言葉に力を込めて会場を後にした。

 その藤田と同じ2位タイに浮上したのが昨年覇者であるアン・ソンジュ(韓国)。「予選落ちしても良いと思ってショットもパターも狙っていった」と5つのバーディを積み重ねた。「トップとかなり離れているので、自分のゴルフができるように頑張りたい」とまずは欠場していたブランクを取り戻す構えだ。

 アンと同じく5バーディを奪ったのが、トータルイーブンパーで10位タイにつけた前田陽子。「今日はラッキーな1日でした。ショットが良くて、良い感じについたチャンスを決められた」とスコアを着実に伸ばした。最終ホールでのダボも「バンカーに入ったのが目玉になっていてもう仕方ないな、と。大事故にならなくて良かった」と引きずる様子は無い。

 注目のアマチュア・勝みなみもトータル3オーバーで予選を突破。だが、3連続バーディのあとのダボ2つに「ちょっと今日は悔しい…もったいない」と唇を噛んだ。「明日も天気が悪くなりそうですが、風よりも雨の方がやりやすい。なのであまり気にせず」と明日以降、平常心で上だけを見て戦っていく。

 また、今大会で55試合続いた原江里菜の連続予選突破が途切れた。トータル12オーバーという結果に「悔しいですが、状態も良くなかったですし…最初の2ホールがボギーにダボ。そこでリズムがつかめていれば1日なんてことなくプレーできたと思う」とコメント。「ただ4〜5年前の自分の状態を考えれば全然。3ヶ月間予選が通らなかったこともあったくらいですから」とさっぱりとした顔で会場を後にした。尚、55試合連続予選突破は歴代10位の記録である。

<ゴルフ情報ALBA.Net>