<ヤマハレディースオープン葛城 1日目◇2日◇葛城ゴルフ倶楽部山名コース(6,548ヤード・パー72)>

 国内女子ツアー「ヤマハレディースオープン葛城」が静岡県にある葛城ゴルフ倶楽部 山名コースで開幕。初日となった今日、先週の「アクサレディス」を制した笠りつ子が、勢いそのままに首位と2打差の3位タイにつけた。

笠りつ子の優勝をライブフォトで振り返る!
 開幕前に「優勝の反響は大きかったけど、もう切り替えて次」と話していた笠。今日も終始安定したラウンドとなったが、「唯一ピンチだった」のは2番。セカンドショットでグリーンを外し右のラフへ。しかしそこから直接放り込みチップインバーディとすると、流れを作りさらに2つのバーディを重ねた。
 
 「調子自体は継続して良いです。特にショットが良いですね」と好調をキープ。だからといってガンガン行くのではなく「“優勝したから”と言って力まず、意識せず行こう」と変わらず臨んだことで我慢比べでもスコアを落とすことなく18ホール回りきった。

 さらにコースとの相性も笠を後押し。2012年覇者というだけでなく、昨年も最終日最終組と優勝争いを演じており「難しいコースですけど、好きなコースですね。相性が良いんだと思います」。さらに続けて「(設計者の)井上誠一さんのコースは意地悪なんですよね。罠がある(笑)でもそういうコースは攻略したいってなるんです」と難コースにも悪いイメージを持たないことが奏功。この日、ノーボギーのラウンドをしたのは笠だけだった。

 「明日も飛ばしすぎず、自分のペースでやっていきたい」と笠。好相性の舞台にも平常心で、昨年のアン・ソンジュ(韓国)以来となる2週連続の優勝を狙う。

<ゴルフ情報ALBA.Net>