4月2日(木)にダンロップスポーツ株式会社と株式会社デサントの共同記者会見が行われ、ダンロップスポーツの主力ブランド『スリクソン』のアパレルにおける業務提携を締結したと発表した。

【写真】松山英樹のスリクソンウエアを米ツアーニュースでチェック
 ギア、アパレルの国内トップメーカーがそれぞれの強みを活かし、スリクソンアパレルのブランドブランドイメージの向上、そしてゴルフ市場の活性化を目論んでなされた今回の業務提携。2016年の春夏の新商品から、商品企画・開発・生産をデサントが行い、販売に関しては両者それぞれの販売網を生かして展開していく。ダンロップスポーツのアパレルの国内シェアは2%弱。デサントのデザイン力と企画開発力を活かし、2018年に上代ベースで40億円の売上高を達成するのが目標だという。

 スリクソンの“広告塔”松山英樹がスリクソンアパレルを着用しているので、スリクソン・デサントのダブルネームのウエアを着用することとなる。

 ダンロップスポーツは2013年にゴルフシューズ分野でアシックスと提携。外資系メーカーの攻勢に対抗しているが、アパレル部門でも強力な援軍を得ることで、ブランド力に磨きをかけていくだろう。

<ゴルフ情報ALBA.Net>