マスターズが開催されるオーガスタの地元紙「オーガスタ クロニクル」で“タイガー・ウッズがマスターズ出場へ向けての練習ラウンドのために、オーガスタ入りしたのでは?”との報道がなされ、現地で話題となっている。

【写真】タイガー・ウッズの新スイング連続写真
 3月31日朝に「オーガスタ地域空港で、ウッズのプライベートジェットが停まっているのを確認した」と同紙。空港スタッフは持ち主を明かさなかったが、ウッズの所有機の機体表示ナンバーと同じだったことで、オーガスタ入りは確定的であるとの見方を強め、今週に「オーガスタナショナルGCで練習ラウンドを行うのでは?」と報じている。

 今年1月末に開催された『ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン』初日に自己ワーストの“82”を叩き、屈辱の最下位で予選落ちすると、次週の『ファーマーズ・インシュランス・オープン』では背痛を理由に途中棄権。

 その後、自身のホームページ上で「今はトーナメントで戦える状態にはない。トーナメントを戦う準備が整うまでは出場するつもりはない」と自身の手ごたえが得られるまではツアーに復帰しないことを明言し、ツアー欠場を続けている。世界ランクもプロ転向以来、初めて100位以下に落ちてしまった。

 果たして報道通り、ウッズはマスターズに出場するのか。

<ゴルフ情報ALBA.Net>