<ANAインスピレーション 事前情報◇31日◇ミッションヒルズカントリークラブ(6,769ヤード・パー72)>

 2日(木)に開幕を迎える、米国女子メジャー初戦「ANAインスピレーション」。前日にIN9ホールを練習ラウンドした宮里藍は、この日エイミー・ヤン(韓国)と共にOUT9ホールの練習ラウンドを行った。

【連続写真】宮里藍 2015年最新スイングはこちら!
 2日間かけて18ホールのチェックを終えた宮里は、例年とのコースの違いを敏感に感じ取った。その評価は「日本の企業がスポンサーになって楽しみにしていたけど…」と首をひねるもの。「乾燥していてグリーンもところどころヒビ割れているような状況。ラフも例年より短い感じ」。熱波の続いているカリフォルニア州は現在深刻な水不足に陥っており、宮里美香、上原彩子らその他の日本勢も「グリーンが傷んでいて残念」と語るほどコースに深刻な影響を与えている。

 宮里は「より良いコロがりで打たないといけないかなと思う」と受け止めたものの、荒れたグリーンコンディションは昨年からスランプに陥っているパッティングに影響が出ることも想定される。ラフが短いことは救いではあるが、6,769ヤードの総距離は米ツアーでも屈指の長さ。厳しいコンディションがどこまでスコアに反映されるかは未知数だが、宮里に求められるのはやはり粘りのゴルフとなりそうだ。

 それでも、2日間の練習ラウンドを終えて気持ちは盛り上がってきている。「この2日間で日本のスポンサーがメジャーをやるという実感がわいてきました。テーマカラーが赤から青に変わりましたけど、選手はみんな青がいいって言ってますね(笑)」。この日は大会に先立って鏡開きが行われるなど強い日本色を打ち出している今大会。母国からの風に乗って飛躍を果たしたい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>