<キア・クラシック 最終日◇29日◇パークハイアット・アビアラGC(6,593ヤード・パー72)>

ハイライト動画ではクリスティ・カーのプレーも配信
 米国女子ツアーの中で、ヤル気を奮い立たせる選手として知られているクリスティ・カー(米国)が、今大会でツアー17度目の優勝を飾るため、今週はいつも以上にヤル気を出した。最終日に“65”を出すカーのラウンドを邪魔するものはいなかったように見えた。4日間のトータルスコア、20アンダーの“268”は、大会記録を4打上回った。

 「キャディのグレッグのお父さんが先週亡くなった。だからグレッグとは先週のフェニックスで回らなかったの。今週は私たち2人のためにプレーしたわ。やるわよって言っていたし、私たちにとってものすごく特別なものになった。一緒に戦って最初の勝利だし、息子や家族にとっても特別なものよ」

 カーはトップと3打差で最終日をスタートし、ラウンドの途中、パターで猛チャージの弾みをつけた。5番から10番の6ホールで5つのバーディーを奪取。しかし、12番(パー4)はボギーとしてしまい、17アンダーでリディア・コ(ニュージーランド)、イ・ミリム(韓国)とともにタイにしてしまった。

 「5番ホールまではいいパーが取れていたの。実際のところは3番ホールまでね。そしてキャディのグレッグに5番で言ったの。『ここから始めるわよ』って。その後、フロントナインでたくさんのバーディーを取って、8番ではバーディーは取れなかったけど、フロントナインはすばらしかったわ。そして10番のバーディーは頑張ってとったわ」

 12番で初めてボギーをたたいたが、そこから火が付いて、13番から16番まで4連続バーディー。残り2ホールの時点で3打差までリードを広げた。

 ツアー2年目のミリムは、この日一番のショットを16番(パー4)で見せた。ティショットがピン手前1メートルほどのところにつけてイーグルとし、トップと1打差まで詰め寄った。しかし、17番ではティショットが右の林に行ってしまいダブルボギーとしたため、2打差に広がってしまった。カーは3打差のリードとし、最終ホールでボギーを出す余裕を残したまま18番を迎え、結局2打差でフィニッシュした。

 「自分でも明らかに自信を感じているわ。キャディと私で早い段階で優勝できてとてもうれしい。先週、彼のお父さんが亡くなって、人生って本当に短いものだから、できるときに瞬間をものにしなくては、ってことがわかったの。何に感謝をし、私の人生において何を手にしているのかを振り返りながら、私たちのためにいつも以上のモチベーションを感じたの。今週はなるべくトラブルなく多くのショットを打つように心がけて、それがうまくいったわ」

 カーの最後の勝利は2013年の「キングスミル選手権」で、それ以来、43試合目の勝利となる。また、今年最初の米国人による優勝となり、今大会も過去6年の中で米国人の優勝は初めてだ。カーによると、キャディとの初優勝はエモーショナルな1週間となり、この優勝は少し運命づけられていると言う。

 「こうなるようになっていた気がするわ。私たちにとっても初優勝、そして初めて一緒に戦ってのトップ10入り。私たちは進歩しているように感じるし、短期間でチームとして非常にいいと思う」

※USLPGA公式サイトより提供

<ゴルフ情報ALBA.Net>