<アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI 最終日◇29日◇UMKカントリークラブ(6,494ヤード・パー72)>

 国内女子ツアー「アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI」の最終日。トータル7アンダーでフィニッシュした笠りつ子とイ・ボミ(韓国)がプレーオフに突入。3ホールに及ぶ激闘の結果、プレーオフ4戦無敗のボミに笠が3連続バーディで競り勝ち3年ぶりとなるツアー通算3勝目を挙げた。

笠りつ子の特選PHOTOを写真館でチェック!
 このオフはタイで先週5年ぶりに優勝した飯島茜らと合宿を張った笠。徹底的な打ち込みを行い、今季に備えてきた。飯島の優勝に「続きたい」と話していたが、その言葉どおり栄冠を手にし「最高です!」と満面の笑顔を見せた。

 優勝争いには顔を出すが、勝てない。そんなゴルフが続き昨年は一時考えすぎてしまい練習時に「1球打つのに30分かかってしまった」こともあるという。精神的な支柱、同郷の先輩・古閑美保から「“下手くそなんだから、考えてもしょうがないじゃない”って言われて。スッと楽になりました」と立ち直ることができたという。

 今週は飯島を指導している片山晋呉が宮崎で合宿を張っており、笠も今週火曜日にアプローチを見てもらったという。「基本的なことなんですけど、ボールに近づいて立つ、ボールを少し右に置く、ラフの時はフェースを開く、ってアドバイスを受けたんです。そうしたらアプローチが格段に良くなった」と今週は小技が冴え、勝利につながった。

 飯島、古閑、片山、先輩たちの暖かいサポートを受け久しぶりの優勝を掴んだ笠。今季は「1億円稼ぐ!」のが目標だと言う。この優勝で現在の獲得賞金は1,800万円、これからの活躍次第だが十分に達成可能な数字だろう。

<ゴルフ情報ALBA.Net>