<キア・クラシック 3日目◇28日◇パークハイアット・アビアラGC(6,593ヤード・パー72)>

 米国女子ツアー『キア・クラシック』の3日目。米国女子ツアー本格参戦4戦目で初めて予選を突破した横峯さくらが、この日1イーグル・4バーディ・1ボギーでラウンド、2日連続の“67”をマークしトータル13アンダーに伸ばし3位タイに浮上した。

横峯さくらの特選PHOTOを写真館でチェック!
 スタート前「5アンダーを目指してプレーしよう」と目標を立てた横峯。すると4番で6mを沈め幸先良くバーディが先行。6番でボギーを叩くも7番では1mにつけすぐさまバウンスバック。続く8番でも2mにつけ連続バーディを奪取した。折り返して15番でも6mを沈めバーディ。そして迎えた16番(ティが前方に出て285ヤードのパー4)。残り15ヤードの2打目を直接カップインさせ、イーグルを獲得。一気に13アンダーまで伸ばした。その後危ない場面も見られたがスコアをキープしホールアウト。目標通りに5アンダーをマークし首位と3打差に迫った。

 「前半ちょっとショットが良くない中でもパターが助けてくれたという感じ。パッティングのフィーリングもすごく良かった。18ホール通して良いパットができたと思う」とこの日のラウンドを振り返った横峯。「ショットが悪い中でも拾って、良いパットが決まって流れを切らさずプレーができたかなと思う」。

 ただ、昨日のラウンドを支えたショットの調子が一変。「前半のショットでよく5アンダーで回れたという感じ。しっかりショットは修正して、あした、今日みたいなパッティングができれば良いなと思う。また1日がんばりたいです」。
 
 米国ツアー初優勝を視界に捕らえ、「やっぱり目指すは優勝だと思うので最後の最後まで諦めないプレーができれば良いなと思います」と力強い言葉が飛び出した。

 来週の海外女子メジャー初戦『ANAインスピレーション』の出場権獲得に大きく前進した横峯。この勢いで出場権だけでなくツアー初優勝も掴み取りたいところだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>