<アクサレディスゴルフトーナメントin MIYAZAKI 2日目◇28日◇UMKカントリークラブ(6,494ヤード・パー72)>

 国内女子ツアー「アクサレディスゴルフトーナメントin MIYAZAKI」の2日目。この日は気温が上がりグリーンが硬くなると共に時折風も強く吹きつけ、多くの選手がスコアメイクに苦戦した。その中、“裏街道”のインコーストップでスタートした原江里菜が5バーディ・1ボギーの“68”をマーク、4つスコアを伸ばし52位タイから一躍5位タイに浮上した。

原江里菜のプレーを女子プロ写真館でチェック!
 昨季は予選落ちが一度も無かった原。前半でスコアを伸ばせず、「予選落ちがチラチラしてきて」しまったが、後半の2番で7メートルのカラーからのパーパットが決まり「大丈夫」だと確信。後半は「ショットがビタビタきて、パットも入ってくれた」と4つスコアを伸ばし予選落ちの危機から一気に優勝争いに加わることができた。

 この日は7つスコアを伸ばす猛チャージをかけた先々週の「PRGRレディス」2日目と同じウエアでラウンド。「でるかも!と思っていたんですけど、前半たいしたことなくて(笑)」とこの日ははずれかと思いきや、終ってみれば首位と1打差に迫っていた。

 「PRGRレディス」では最終日に6つスコアを落としてしまい、早々に優勝争いから脱落。今回は同じ轍は踏みたくないだろう。7年ぶりとなる待望の2勝目へ「ミスしてもミスに引きずられないようにしたい」、強い気持ちを持って最終日の戦いに臨む。

<ゴルフ情報ALBA.Net>