文部科学大臣楯争奪第35回全国高等学校ゴルフ選手権 春季大会が25日(水)、滋賀県にある瀬田ゴルフコース(男子東コース、女子が北コース)で開幕。競技は男子は54ホール、女子は36ホールのストロークプレーでそれぞれ争われる。

ダイキンオーキッドレディスの模様を写真で振り返る!
 女子の部は74人の選手が出場。初日首位に立ったのは、今年のダイキンオーキッドレディスで3年連続のベストアマを獲得した新垣比菜。この日は、スタート時点ではみぞれが混じるときもあり、寒さに加え、風も吹き、沖縄出身の彼女には「風が強いホールもあったし、寒いのは苦手」と難しいコンディションとなった。それでも前半1バーディ、2ボギーと耐えると、「後半アイアンショットが良くなってきて」と折り返してからは12番で80センチ、13番で4メートルのバーディパットをきっちり沈め、盛り返した。「大きなミスがなかったのでよかった」と参加選手の中で唯一のアンダーパーでラウンド。1アンダーで堂々単独首位に立った。

 2位には昨年の「サマンサタバサレディス」、「マンシングウェア東海クラシックで」ベストアマに輝いた飛ばし屋・三浦桃香ら3人。1オーバーと首位と2打差で新垣を追いかける。

 尚、今大会の優勝者には国内女子ツアーの「ニチレイレディス」への出場権が与えられる。また最上位者を除く上位5名には、同大会の主催者推薦選考会への出場権が付与される。


【初日の順位】
1位:新垣比菜(-1)
2位T:三浦桃香(+1)
2位T:小祝さくら(+1)
2位T:中谷安結(+1)
4位T:臼井麗香(+3)
4位T:淺井咲希(+3)
4位T:中西絵理奈(+3)
4位T:高木優奈(+3)
4位T:佐久間梨々子(+3)

<ゴルフ情報ALBA.Net>