<アーノルド・パーマー招待 最終日◇22日◇ベイヒルクラブ&ロッジ(7,381ヤード・パー72)>

 米国男子ツアー「アーノルド・パーマー招待」最終日。昨年の覇者、マット・エブリー(米国)がトータル19アンダーで連覇を達成。通算2勝目を手に入れた。

 エブリーはスタートホールでボギーを叩くが、その後7つのバーディを積み重ね、前日首位のヘンリック・ステンソン(スウェーデン)を2位へと追いやった。3位にはマット・ジョーンズ(オーストラリア)、4位にはモーガン・ホフマン(米国)、5位にはベン・マーティン(米国)が入り、世界ランク1位のローリー・マキロイ(北アイルランド)は11アンダーで11位タイでフィニッシュした。

<速報>石川遼 終盤に崩れて大きく後退!5アンダーでホールアウト
 出場している日本勢の2人、松山英樹は最終日にスコアを4つ伸ばしトータル8アンダー・21位タイ、一方の石川遼は8アンダースタートながら3つスコアを落としてしまい、トータル5アンダー・43位タイで大会を終えている。

【2日目の順位】
1位:マット・エブリー(-19)
2位:ヘンリック・ステンソン(-18)
3位:マット・ジョーンズ(-17)
4位:モーガン・ホフマン(-15)
5位:ベン・マーティン(-14)
6位T:ケビン・ナ(-13)
6位T:キラデク・アフィバーンラト(-13)
6位T:ジェイソン・コクラック(-13)
9位T:ザック・ジョンソン(-12)
9位T:ルイ・ウーストハウゼン(-12)

11位T:ローリー・マキロイ(-11)
21位T:松山英樹(-8)
43位T:石川遼(-5)

<ゴルフ情報ALBA.Net>