<Tポイントレディス ゴルフトーナメント 最終日◇22日◇若木ゴルフ倶楽部(6,304ヤード・パー72)>

 佐賀県にある若木ゴルフ倶楽部にて開催された「Tポイントレディス」。6ホール、1時間47分に渡った激闘の末、飯島茜がプレーオフを制し、見事5年ぶりに優勝を果たした。

激闘の裏に…全美貞、恩人の訃報が届くも最後まで全力プレー
 2日目を終えて6アンダーと2位に3打差をつけてスタートしたO・サタヤ(タイ)だったが、3番のティショットを右に曲げてしまいOB。このホールをダブルボギーとするとずるずる後退。さらには11番、12番連続ダボで万事休す。バーディは1つしか獲れず、「これまでのゴルフの中で一番悪かった。ダボ3回は無いですね…」と3オーバー18位タイまでランクダウンに天を仰いだ。

 2位タイからスタートした一ノ瀬優希は2バーディ・3ボギーとスコアを伸ばせずトータル2アンダーの3位タイでフィニッシュ。ラウンド後「優勝したかった」と率直な感想を語った。「サタヤさんが崩していって、“自分が伸ばさなきゃ”という気持ちが薄れたというか、複雑な気持ちでやっていました」と胸のうちを明かした。「ただ今回優勝争いに加われて、また優勝争いしたい気持ちが強くなりました。次にチャンスが目の前にあったらものにします」と力強く語った。

 その一ノ瀬と同じく3位タイに入ったのが藤本麻子。6つのバーディに「後半のチャンスホールで獲れたのが良かった」と笑顔を見せる。開幕から好調をキープしている藤本、「新しいクラブがミスショットを最低限に抑えてくれます。後は打ち方というかもう少しうまくできればさらにゴルフが変わってくると思うので、また優勝を狙っていきたい」と次戦にも期待が集まる。

 続いてトータル1アンダーの菊地絵理香が単独6位に滑り込んだ。「どうしてもピンを狙っていきたくなるけど、キャディさんに“真ん中を狙いなさい”と言われて落ち着いて対応できたり、マネジメントの部分が少しずつできるようになったかな、と。今日はショットが良いわけではなかったけどパターが入ってくれた。パッティングが良いと自然にスコアも付いてくるんだなぁと改めて感じた」と振り返った。

 2年連続ベスト10フィニッシュを狙ったアマチュアの永井花奈は後半崩れ12位タイ。それでも2年連続となるベストアマを獲得した。「ショットが18ホール持ちませんでした。今後上位で回れたときに、今日の経験を活かして同じミスをしないようにしたい」と更なる飛躍を誓った。

また昨年ファイナルQTを1位で突破したママさんゴルファー・佐藤靖子がスコアを4つ伸ばし7位タイに食い込んだ。「今日はスタートが早くてよかった。風が出てくる前に難しいインコースを回れました」と難コースでのノーボギーラウンドを振り返る。「あとは体重が増えて飛距離が伸びたし、ツアーにも慣れてきた。もっとオムツ代を稼がないとですね」と笑顔を見せて次の戦いの地へ向かっていった。

<ゴルフ情報ALBA.Net>