<JTBCファウンダーズ・カップ 3日目◇21日◇ワイルドファイアGC(6,583ヤード・パー72)>

 この日、9番目から第2ラウンドを再スタートさせた宮里藍。その第2ラウンドは5バーディ・2ボギーの“69”でラウンド、3つ伸ばしトータル5アンダーの34位タイで予選を突破。引き続き行われた第3ラウンドでは4バーディ・3ボギーの“71”で回りトータル6アンダーの43位タイで最終日に臨むこととなった。

宮里藍の特選PHOTOをチェック!
 午前中に行われた第2ラウンドの残りホールでは、順調にスコアを伸ばした宮里だったが、第3ラウンドの前半は「少しストレスがたまる感じがあった」とパット決まらず1つ落として折り返した。そんなフラストレーションが溜まる状況だったが「自分の良いエネルギーにしてやっていこう」と気持ちを切り替え後半へ。その後半では前半決まらなかったパットが入りだし、11番から6m、1.3m、8mを決め3連続バーディを奪取。トータル7アンダーまで伸ばした。その後1つボギーを叩いたが6アンダーでホールアウトした。

 この日、28ホールの長丁場を戦い抜き4つ伸ばした宮里だったが、「アドレスがしっくり来ていない」とややショットに違和感があったという。それでもショートゲームでスコアをメイク。自身も「すごく良い調子で、ショートゲームも良いフィーリングが出ている」と感じている。

 最後に「すごく良いモチベーションになっているので、あした1日、どこまでできるか楽しみ」と気合十分。徐々に本来のゴルフを取り戻しつつある宮里の最終日のプレーに注目だ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>