<Tポイントレディス 初日◇20日◇若木ゴルフ倶楽部(6,304ヤード・パー72)>

 佐賀県にある若木ゴルフ倶楽部にて国内女子ツアー第3戦「Tポイントレディス」が開幕。大会初日、堀奈津佳がバーディラッシュで単独首位スタートを決めた。

堀奈津佳の厳選PHOTOを「女子プロ写真館」でチェック!
 OUTから出た堀は、2番で残り170ヤードを「イメージ通り」と2メートルにつけ最初のバーディを奪取。すると続く3番でも3メートルにつけ連続バーディ。さらに6番、7番でも連続バーディを奪い、前半4バーディ・ノーボギーで一気にリーダーボードのトップに立った。後半に入っても勢いは衰えることなく、バーディを重ねた堀。1つボギーは叩いたが2つ伸ばしホールアウト。終わってみれば7バーディ・1ボギーの“66”をマーク。6アンダーで初日を終えた。

 ラウンド後、笑顔を浮かべた堀だったが、「昨日まで調子が上がらず、今日もバーディはたくさん獲れましたが、決して絶好調ではなかった」という。それでも「今の自分にできる最優先のことを考えて実行できたのが良かった」と今日のラウンドを振り返った。実際、2つのロングホールでは「自分の飛距離では今日の寒さだと2オンできないな。自信のあるクラブでしっかりバーディを獲ろう」と冷静に分析し実行した。ティショットではドライバーを握らずに刻んでバーディを奪った。

 2013年に2勝を挙げブレーク、しかし2014年では勝利を挙げることができなかった。その原因を堀は「去年は今日みたいなことができていなかった」と語る。「コースや状況がどうこうよりも、自分の調子を良くしようとばかり考えていました。本来のゴルフとは別のところで戦っていて、結果同じミスばかりを繰り返していました」。

 自分のゴルフを見失っていた堀だったが、今年2月にタイで行った合宿で「“これ”と言った明確な理由はないのですが、昨年以上にラウンド中心の練習をしていくうちに、“自分のフィーリングに囚われないようにしよう。もっと試合への準備やコースマネジメントを考えるようにしよう”」と心境が変化。するとゴルフも次第にコースを分析、戦略を立て攻める大人のゴルフへと変身した。

 大人のゴルファーへと変身しつつある堀、「最終組でもやることは今日と変わりません。明日も“自分のやるべきことをやるだけ”です」。2年ぶりとなるツアー制覇へ、もう迷いはない。

<ゴルフ情報ALBA.Net>