3月18日(水)、都内にて佐藤製薬株式会社の歯肉炎・歯槽膿漏薬「アセスシリーズ」の新TVCM発表会が実施され、そのCMに出演している藤田寛之が会見に参加した。

【舩越園子コラム】藤田寛之の一人旅に想う
 歯周病のケアとしてトップシェアを誇る「アセスシリーズ」。その歯周病の罹患率が40代から50代が最も高いとされていることと、“中年の星”として40歳を過ぎてもトッププレーヤーであり続ける藤田がブランドイメージに合致することからCMに抜擢された。

 会見では歯茎の健康診断が行われた。たまに歯を磨いている時に、歯茎から血が出るという藤田は「歯周病の可能性がある」と診断されてしまい驚きを隠せない様子。半年に1度は検診をしてくださいと言われ、「力を込めたりする分、歯には気を遣ってきましたが、今までは症状がでてから歯医者さんに行ってました」と今後は今まで以上に歯に気を遣って行くと語った。

 3月19日から公開になる新CMは、藤田にとって初となるゴルフ以外のCM出演。「とにかく緊張しました。さらに気温が3度の中、半そでを着ての撮影だったので大変でした。でも、サトちゃん(佐藤製薬のマスコットキャラ)が和ませてくれたので楽しかった」と笑顔を見せた。

 見所を聞かれると「歯ブラシをスイングしているのですが、(歯磨き粉のように)アセスが塗ってあるのでスイングプレーンが綺麗じゃないとアセスが落ちてしまう。そういうこともあり、綺麗なスイングを心がけて一生懸命やったので、その部分を見て欲しいですね」とコメント。「普段自己採点は低いのですが、CMはスタッフの皆様のおかげで結構良いんじゃないかなと思います。80点くらいかな(笑)」と及第点を与えた。

 そんな藤田だが、ゴルフのほうは昨年からの左肩痛により仕上がりが遅れ「現状30点くらい。このままではきついですね…」と厳しい採点。それでも「佐藤製薬さんをはじめ、多くの方が僕をサポートしてくれる。その方々に恩返しするためにも早く1勝を挙げたい」と抱負を語り会を締めた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>