<LPGAファウンダーズ・カップ 事前情報◇17日◇ワイルドファイアGC(6,583ヤード・パー72)>

USLPGA日本語公式サイトでは、動画も配信中!
 ミシェル・ウィー(米国)の2015年は、静脈洞やへんとうの感染症といったさまざまな病気と闘っており、いいシーズンの始まりとはいえない。

 「この何か月かとても大変だった。アジアで体調が悪く、戻ってきてお医者さんに何度も行き、静脈洞感染していたので抗生物質を飲まなくてはいけなかった。それでもお医者さんには、これから何週間かは100パーセントの状態には戻らないだろうとも言われたの。今はだいぶ良くなったけど、大変だったわ。病気になると楽しいことはないし、今一番優先したいのは、元の健康な自分に戻すこと」

 2014年の「全米女子オープン」制覇は、自身にとってのメジャー初優勝であり、昨年はこれを含め2度の優勝。世界のトッププレーヤーの一人でもあるウィーにとっては、病気によって低迷してしまうのは残念なことだ。

 「ちょっとアンラッキー。バハマで具合が悪くなりそこから長いからね。今はいろいろと取り戻している。がんばらないと」

※USLPGA公式サイトより提供

<ゴルフ情報ALBA.Net>