今季の米ツアーは、ほぼ毎週、最終日が大混戦になっているが、今週のバルスパー選手権も激しい混戦になった。

松山英樹のライバル ジョーダン・スピースがプレーオフ制し優勝
 単独首位でスタートしたライアン・ムーアがそのまま逃げ切り優勝しそうに思われたのは13番まで。以後は、ジョーダン・スピースがムーアに追い付き、パトリック・リードも追い付き、ムーアがボギーで後退し、ショーン・オヘアが首位に追い付き、最後は3人によるプレーオフへ突入。3ホール目で9メートルのバーディーパットを捻じ込んだスピースが米ツアー通算2勝目を挙げた。

 プレーオフに残った3人を眺めながら、若者ばかりだなと思ったが、よくよく考えてみたら、21歳のスピースと24歳のリードは若者だが、オヘアはすでに32歳になっていた。かつては天才ジュニアと呼ばれたが、父親のスパルタ教育で精神を病み、家出して彼女の家に転がり込み、彼女の家族のサポートで、なんとかゴルフの世界に戻って米ツアー選手になったオヘア。そのオヘアが初優勝を飾ったのは、すでに10年も昔の話になっており、通算4勝を挙げてきた彼は、若年化が著しい現在の米ツアーにおいては、すでに若者ではなくベテランの部類に数えられる。

 そんなオヘアに比べれば、リードもスピースも、まだまだキャリアが浅い駆け出しだ。とはいえ、リードは2013年のウインダム選手権で初優勝を遂げた後、2014年は年間2勝を挙げ、今年はヒュンダイ・トーナメントを制して、すでにオヘアと並ぶ通算4勝の強者。そして、スピースが初優勝を挙げたのもリードと同じ2013年。ちょうどそのころから、オヘアは逆に勝利から遠ざかり、今大会では2011年のカナディアンオープン以来の勝利を目指したが、夢の復活優勝はスピースによって阻止されてしまった。

 デビューしたばかりの20歳代の若者たちが次々に勝利を挙げ、30歳代の選手がベテラン選手、中年選手に見られてしまう昨今。巷では「若者たちの時代になった」と言われるけれど、時代というものが若者たちのために動き始めたわけではない。若者たちが若者たちなりに努力と鍛錬を重ね、年上の選手たちより早いスピードで成長しているからこそ、若者たちの活躍が目立ち、彼らの時代が到来したかのように見えるのだ。

 スピースが何の出場資格も保証もないまま、スポンサー推薦に頼って米ツアーに出始めたのは一昨年のこと。出場してはトップ10入りして次週への切符を掴み取り、綱渡りで進んでいくギャンブルに彼はあえて挑んだ。なぜ挑んだかといえば、他に選択肢が無かったからだ。スピースは弟や障害を持つ妹の世話で苦労していた両親から経済的サポートを一切受けずにテキサス大学へ進んだ。そして、あっという間にプロ転向を決意した。

「あのころの僕は、それはそれは貧しかった。プロになってマスターズに出ることは子供のころからの夢だったけど、あのころは夢のためではなく、生活費を稼ぎたい一心で、一刻も早くプロになろうと思い立った。失うものは何一つない。賭けに出よう。そう思って、僕はプロ転向を決意した」

 そのギリギリ感が常にスピースを駆り立て、出場わずか4試合目でスペシャルテンポラリーメンバーへ。その記念すべき大会が2013年の今大会だった。晴れて米ツアー選手になったスピースは、翌年は夢のマスターズに初出場し、優勝争いに絡んで2位になった。そんな彼の猛スピードの歩みは、米ツアー選手を目指す若者たちの間で「僕もジョーダン・スピースしたい」という具合に動詞化され、彼らの目標に掲げられている。

 7位に食い込んだ2013年大会から2年が経過した今年、思い出のイニスブルック・リゾートで勝利を飾ったスピースは、まだ米ツアー3年目でありながら、短期間のうちにプロゴルファーとしての歴史を着々と刻みつつある。

 年令を気にしているのは「周囲ばかりなり」と、スピースは優勝会見で言ってのけ、プレーオフ中の素敵な秘話を明かしてくれた。

「(プレーオフ2ホール目の)16番で僕はうっかりショーン(オヘア)のラインを踏みそうになった。『おいおい、このごろのヤングキッズは年上を敬うことを知らないんだよな』とショーンはユーモラスに言って笑ってくれた。だから僕も『まったくだ。ホント、お前ら、なってないぞって僕もルーキーたちに言ってやったよ』って、ユーモアで返した。だけど、プレーオフのような状況では、戦う相手が何歳かも、誰であるかも関係ない。何が起こるかわからないのがゴルフなのだから」

 いまだ21歳にして、すでに成熟した思考と熟達した技量を備えるスピースは、これからも猛スピードで成長を続け、猛威を振るってくれそうだ。

文 舩越園子(在米ゴルフジャーナリスト)

<ゴルフ情報ALBA.Net>