3月14日(土)、池袋の東武百貨店内にあるキャロウェイアパレル売り場にて深堀圭一郎がトークショーを開催した。

レディースウェアもフラミンゴ!藤田光里スペシャルフォトギャラリー
 最初、司会者から「(同じキャロウェイアパレルを着用する)石川遼プロとウェアが被ったりしないんですか?」と問われると深堀は「彼は20代で若々しいイメージ。それに対して僕は、彼より上の世代というか僕の年齢にあったウェアになるので、そもそもウェア自体が違うことが多いですね」。続けて「毎週末に翌週着るウェアをアパレル担当と話し合って先にコーディネートしてるので、その時にお互い被らないように確認しているんですよ」と秘話を明かした。

 そんなキャロウェイアパレル2015年春夏シーズンのテーマは“フロリダのリゾートゴルフ”スタイル。特に“フラミンゴ柄”が特徴のウェアが多いが、初めて見たときに戸惑いと驚きがあったという。「撮影のときに初めて見たんですけど、びっくりしました。デザインはとても素敵なんだけど、これ自分に似合うかなって」。だが、いざ撮影が始まってみると不安はすぐに消え、「着てみたらすごく似合ってた。とても良かったよ(笑)」と自画自賛。会場の笑いを誘った。

 最後に「1ヶ月後に男子ツアーが開幕ですが、とても順調に来ています。アパレルも良いものを作ってもらったので、それに応えられるように頑張りたい」と今季の意気込みを語った。トークショーの後はサイン会を行うなど積極的にファンとの交流を楽しみ、4月から始まる戦いへの英気を養った。

<ゴルフ情報ALBA.Net>