<WGC-キャデラック選手権 最終日◇8日◇トランプナショナルドラール(7,528ヤード・パー72)>

 「WGC-キャデラック選手権」の最終日。首位と5打差のトータル6アンダー2位タイからスタートしたダスティン・ジョンソン(米国)が3つスコアを伸ばしトータル9アンダーでフィニッシュ。トータル11アンダーの単独首位からスタートしたJ・B・ホームズ(米国)は3つスコアを落とし、ジョンソンが逆転で優勝を飾った。

 トータル7アンダーの3位にはバッバ・ワトソン(米国)。トータル4アンダー4位タイにアダム・スコット(オーストラリア)、ヘンリック・ステンソン(スウェーデン)が入っている。世界ランキング1位のローリー・マキロイ(北アイルランド)は9位タイでフィニッシュした。

 トータル4オーバーの40位タイからスタートした松山英樹は5バーディ・3ボギーの“70”で回りトータル2オーバーの23位タイで4日間を終了。その他の日本勢は小田孔明が最終日7つスコアを落としトータル16オーバー68位タイ、藤田寛之はトータル27オーバーの最下位に沈んでフィニッシュしている。

【最終結果】
優勝:ダスティン・ジョンソン(-9)
2位:J・B・ホームズ(-8)
3位:バッバ・ワトソン(-7)
4位T:アダム・スコット(-4)
4位T:ヘンリック・ステンソン(-4)
6位:ルイ・ウーストハウゼン(-3)
7位T:ウェブ・シンプソン(-2)
7位T:ビル・ハース(-2)
9位T:ローリー・マキロイ(-1)他

23位T:松山英樹(+2)他
68位T:小田孔明(+16)他
73位:藤田寛之(+27)他

<ゴルフ情報ALBA.Net>