<ダイキンオーキッドレディス 最終日◇8日◇琉球ゴルフ倶楽部(6,529ヤード ・パー72)>

 国内女子ツアー開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」の最終日。4打差の4位タイから逆転優勝を狙った森田理香子は出だしから連続バーディを奪うと前半だけで4つスコアを伸ばし、首位との差を2つに詰めて後半へ入った。

開幕戦最終日をLIVE PHOTOで振り返る!!
 バックナインでは10番でボギーが先行。その後は14番まで一進一退のプレーとなるが上がり2ホールをバーディで締め、8バーディ・2ボギーの“66”をマーク。優勝したテレサ・ルーには4打差をつけられたが、最終日に3日間の中で最高のプレーを見せた。

 「自分の球筋と風に慣れてきて、安心して振れる様になった」、予選2日間はボギーが先行するなど序盤でリズムをつかめなかったが、この日は連続バーディスタートと悪い部分を修正し、一時は優勝争いに絡むことができた。

 結果は良かったが、まだ「不安感はぬぐえない」という森田。「スイングは去年より良くなっていると思うけど…緊張した場面など打てるかはまだまだ」と満足のいくプレーはできなかった。それでも目標の賞金女王奪還へ開幕戦2位は上々の滑り出しだろう。

 「来週はどうなるか分からない。優勝するかもしれないし、予選落ちかもしれない」。冷静に自分自身と向き合いながら、自分の納得するスイングを作り上げ再び頂点を目指す。

<ゴルフ情報ALBA.Net>